医療法人恒貴会 協和中央病院

メニュー

協和中央病院のリハビリテーション科

地域の医療・福祉・介護等の他職種と連携し、リハビリテーションの観点から地域の課題調査や支援を行っていくような地域リハビリテーション協議会を開催しています。

地域の高齢者に対しては、市町村で行われている介護予防事業のなかで運動指導等を行ったり、当院独自でリハビリ教室・学習会等を開催し、住民の健康とQOLの向上に貢献しています。

また、障害児に対しては、協和特別支援学校へ訪問し生徒の自立活動へのアドバイスを行っています。

 

理念

医療技術部 理念

1.医師・看護師とのチームワーク

2.患者様へよりよい医療技術提供

リハビリテーション科の方針

  • 患者様の立場に立ったリハビリテーションを提供する
  • 急性期から生活期に対応したリハビリテーションを提供する
  • 地域に根ざしたリハビリテーションを提供する
  • 質の高いリハビリテーションを提供する

リハビリテーション科の目標

協和中央病院グループのリハビリテーションは急性期から生活期に対応する包括的かつ継続的リハビリテーションを提供するとともに、地域の人々の健康とQOL向上のための支援を行う

スタッフ紹介

医学リハビリスタッフ

理学療法士 13 名、作業療法士 5 名、言語聴覚士 3 名、助手 1 名

 

通所リハビリスタッフ

理学療法士 3 名、作業療法士 2 名、看護師 2 名、介護福祉士 6 名、介護士 4 名

リハビリセンター施設 

(1階)総合リハビリテーション室(理学療法・作業療法 450 ㎡)・事務室(スタッフルーム)

(2階)言語聴覚室(個別 10 ㎡、集団 30 ㎡)

(3階)通所リハビリテーション室( 180 ㎡)

職務内容

リハビリテーション部門(医療保険)

入院患者様: 1 日約 70 名(脳血管疾患 40 %、骨関節疾患 40 %、廃用症候群 15 %、その他5%) ・・・75 歳以上の高齢者が 70%

 

外来患者様: 1 日約 40 名(脳血管疾患 30%、骨関節疾患 50%、先天性疾患 [小児] 10%、神経・筋疾患 5%、その他 5%)・・・75 歳以上の高齢者が 50%

地域リハ部門

・地域リハ・ステーション

地域リハビリネットワーク普及促進事業(下妻・筑西保健医療圏の療法士への研修、障害者等へのリハビリ教室、近隣関係者とのリハビリ情報会議等)

 

・地域リハビリテーション広域支援センター

地域連携・支援(下妻・筑西保健医療圏地域リハ・ステーションとの連携、市民講座、リハビリ相談窓口、介護予防教室・特別支援学校への講師派遣等)

介護リハ部門(介護保険)

・通所リハビリテーション3単位(1日60名)

特 色

急性期から生活期までの継続的リハビリテーションの提供

入院早期より、患者様の症状に応じて理学療法、作業療法、言語聴覚療法を実施して おります。急性期患者様については休日のリハビリ体制を強化し、リハビリテーションの効果を十分に発揮できるよう取組んでいます。また、退院後の在宅生活における心身機能の維持や主体的な生活の継続を目標に、必要に応じたリハビリテーションを提供させていただきます。

様々な疾患、幅広い年齢層に対応できる体制

先天性疾患や脳血管疾患など小児から高齢者までを対象とし、理学療法、作業療法、言語聴覚療法それぞれの専門性を活かしながら包括的なリハビリテーションを提供させ ていただきます。

地域に根ざしたリハビリテーションの提供

地域の人々の自立した人生が送れるよう、予防医学やリハビリテーションに関する情報の提供および相談を含め、院内や院外での地域活動にも積極的に参加させていただきます。

実績報告

年度別リハビリ件数 (単位:件)

  平成27年度
入院 脳血管リハビリ(Ⅰ) 17,856
運動器リハビリ(Ⅰ) 7,177
呼吸器リハビリ(Ⅰ) 885
がん患者リハビリ 344
摂食機能療法 82
外来 脳血管リハビリ(Ⅰ) 10,477
運動器リハビリ(Ⅰ) 5,554
呼吸器リハビリ(Ⅰ) 168
物理療法 2,308

館内マップ

お問い合わせ

医療法人恒貴会 協和中央病院 リハビリテーション科

電話番号 0296-57-7221(直通)

※ 見学・お問合せ等に関しましては、随時受け付けております。