医療法人恒貴会 協和中央病院

メニュー

診療科目・医師紹介

下の各ボタンをクリックすると詳細を見ることができます。

脳外科

当科では常勤医師3名と非常勤医師2名で診療を行っています。脳卒中、頭部外傷、てんかん、めまいなどの症例が多く、特に脳卒中は年間250例前後の入院があります。そのうち約3分の2が脳梗塞で、発症4.5時間以内であればtPA という強力な血栓溶解剤を使用して麻痺や言語障害が劇的に改善する例も増えています。さらに8時間以内であればカテーテルによる治療も可能で、筑波大や自治医大とも連携して治療を行っています。脳卒中は後遺症が残る場合も少なくありませんが、包括支援病室を利用して急性期から回復期リハビリまで一連の流れで治療を行うことができます。

診療担当医師
中原昇

医療法人 恒貴会 理事長

中原 昇(なかはら のぼる)

《専門》

脳神経外科

《所属学会》

日本脳神経外科学会 専門医

黒川德一

院長

黒川 德一(くろかわ のりかず)

《専門》

脳神経外科

《所属学会》

日本脳神経外科学会 専門医・指導医

日本リハビリテーション医学会

中原昇

副院長 脳神経外科部長

長 弘之(ちょう ひろゆき)

《専門》

脳神経外科

《所属学会》

日本脳神経外科学会 専門医・指導医

日本脳神経血管内治療学会

日本リハビリテーション医学会

五味 玲(自治医科大学小児脳神経外科教授)

手塚 正幸

外科

当科は常勤医師2名、非常勤医師3名の計5名で診療にあたっております。少ない人数ですが、科の特性上生死に関わる病気も多いため可能な限り迅速な対応を心がけて日々診療にあたっております。鼠径ヘルニア、虫垂炎、内痔核、胆石、下肢静脈瘤などの良性疾患をはじめ、胃癌、大腸癌などの悪性疾患も積極的に手術しております。

また近年では高齢化も進み、さまざまな合併症を持つ患者様も多いため、状態を考慮しその患者様に合った治療を提供できたらと思っております。皆様のお役にたてるよう、地域の医療に貢献したいと思います。

診療担当医師
佐藤直毅

特別顧問

佐藤 直毅(さとう なおき)

《専門》

消化器外科

《所属学会》

日本外科学会 専門医

日本消化器外科学会 専門医・指導医

日本消化器病学会 専門医

日本肝臓学会 専門医

日本血管外科学会

日本東洋医学学会

日本大腸肛門病学会

田中元樹

外科医長

田中 元樹(たなか げんき)

《専門》

消化器外科

《所属学会》

日本外科学会 専門医

日本消化器外科学会

日本消化器病学会

日本肝胆膵外科学会

日本脈管学会

日本臨床外科学会

民上 英俊

荒川 尚士

西 雄介

内科(呼吸器・循環器・内分泌・消化器・神経)

当院の内科は専門科として、循環器、消化器、呼吸器、糖尿病内分泌代謝、神経内科、睡眠呼吸障害を配置し、それぞれのエキスパートが適切な診療により各臓器の疾患を回復に導くよう努力しております。さらに当科の特徴として、内科疾患全般を総合的に診療し、患者様をトータルに健全な状態に維持する内科(総合内科)部門が充実している点があげられます。健康は各臓器がバランスよくその機能を発揮することによりもたらされます。当科は専門科、内科が協調して皆様の疾患回復、健康維持を目標にスタッフ一丸となって努力してまいります。

診療担当医師
玉野雅裕

副院長 内科部長 (筑波大学付属病院臨床教授)

玉野 雅裕(たまの まさひろ)

《専門》

内科

《所属学会》

日本内科学会 専門医

日本東洋医学会 漢方専門医

日本循環器学会

日本脈管学会

日本動脈硬化学会

川越健一

内科部長

川越 健一(かわごえ けんいち)

《専門》

内科

《所属学会》

日本プライマリ・ケア連合学会 指導医

福島寛美

内科副部長

福島 寛美(ふくしま ひろみ)

《専門》

内科

《所属学会》

阿治部弘成

内科副部長

阿治部 弘成(あじべ ひろなり)

《専門》

内科・消化器内科

《所属学会》

礒田学

礒田 学(いそだ まなぶ)

《専門》

内科

《所属学会》

草間 恭子(くさま きょうこ)

《専門》

内科

《所属学会》

日本人間ドック学会 専門医

布施 善和(ふせ よしかず)

《専門》

内科

《所属学会》

日本内科学会

日本腎臓学会

阿部田 聡

木村 裕一

新保 昌久(自治医科大学 循環器内科学部門教授)

村田 桃代

矢澤 寛子

北川 善之

武井 祥子

村上 明子

田島 愛美

齋藤 俊祐

海老澤 茂

曽我部 将哉

髙﨑 俊和

東洋医学(漢方)センター外来(漢方専門外来)

漢方薬による治療が全てと思われがちですが、東洋医学の治療には「養生食」、「気功(運動療法)」、「鍼・灸」、「漢方薬」の4項目があります。東洋医学は、冷え性、のぼせ、生理痛、食欲低下、倦怠感、めまい、風邪にかかりやすいなど、西洋医学では十分に説明できない病気(自律神経異常、アレルギー、ホルモン異常、免疫低下が関与する病気)も治療可能で、保険も適用されます。現代医学と漢方医学の良い点を組み合わせ、より良い治療効果が生まれます。

診療担当医師
加藤 士郎(筑波大学付属病院臨床教授)

心臓血管外科

本来は心臓や大血管の外科を専門としています。しかし、さほど症例数が多い分野ではありません。手術に関しては、大規模な手術はできませんので、心臓血管外科領域の小手術を中心に行います。循環器領域を中心として専門科にとらわれることなく、幅広く診断・診療を行っていくことで地域からの負託に応えていきたいと考えています。

 

診療担当医師
小久保弘晶

心臓血管外科医長

小久保 弘晶(こくぼ ひろあき)

《専門》

心臓血管外科

《所属学会》

日本外科学会 専門医

日本心臓血管外科学会

日本胸部外科学会

小児科

小児科は0歳から中学生までの内科を担当しています。状態が悪いときは午前の受診をお勧めします。

一般診療の他、火曜日と水曜日は発達・てんかん・神経疾患など専門的診療に対応しています。その他の診療日には獨協医科大学小児科、自治医科大学小児科の医師が担当します。各医師の専門分野については小児科外来にお問い合わせください。入院が必要な場合は、近隣の子どもの入院が可能な病院に紹介いたします。専門治療が必要な場合は大学病院へご紹介します。乳児健診・予防接種にも対応しております。外来へお電話にて予約願います。

診療担当医師

佐藤 雄也

長尾 ゆり

刈屋 桂

獨協医大(交代制)

自治医大(交代制)

整形外科

常勤医1名と非常勤医2名の計3名で診察にあたっております。当科は、四肢脊椎を中心とした運動器の疾患および外傷を対象としています。代表的な外傷としては、高齢者の転倒による大腿骨近位部骨折や手関節周囲の骨折、日常生活動作でも生じうる脊椎圧迫骨折などがあります。その他、労働災害、交通外傷、若年者のスポーツ外傷と多岐にわたります。一方、脊椎での神経圧迫により四肢のしびれや痛みを生じる脊椎疾患、関節軟骨の摩耗により関節痛を生じる変形性関節症など慢性疾患で受診される方も多いです。手術治療において、より機能回復を見込める場合には手術を検討します。年間約300例の手術治療を行っております。術後早期からのリハビリにより、早期退院早期社会復帰をめざします。

診療担当医師
藤田聡

整形外科部長

藤田 聡(ふじた さとし)

《専門》

整形外科

《所属学会》

日本整形外科学会 専門医

日本脊椎脊髄病学会

木村 敦

萩原 浩好

麻酔科・ペインクリニック内科(痛みの外来)

当科では、常勤医師2名、非常勤医師1名の計3名体制で毎週水曜日の午前に診療を行っております。ペインクリニックは『痛み』に対して診断診療を行う診療科です。さまざまな痛みに対して治療を行いますが、その一番の大きな特色は神経ブロックによる治療となります。神経ブロックとは、痛みを伝える知覚神経や交感神経に局所麻酔薬等を注射することで痛みを鎮める治療法です。複数回施行することで、血行の改善、炎症の緩和等もあり治癒していきます。副作用に関しても重篤なことが起こることはほとんどありません。皆様のお役にたてるよう、スタッフ一同頑張っていきたいと考えております。

診療担当医師
樋口純

統括副院長 診療部長 麻酔科部長

(獨協医科大学 特任教授)

樋口 純(ひぐち じゅん)

《専門》

麻酔科全般

《所属学会》

日本麻酔科学会 専門医

衣川朋一

麻酔科医長

衣川 朋一(きぬかわ ともかず)

《専門》

麻酔科全般

《所属学会》

日本麻酔科学会 専門医

佐藤 友則

村杉 紀子

皮膚科

当院皮膚科では火曜日と金曜日に非常勤医師2名で診療を行っております。皮膚は人体最大の臓器であり、また内臓の働きを知る鏡でもあります。湿疹、かぶれ(接触皮膚炎)、水虫(白癬)、いぼ(疣贅)、ほくろ、にきび、しみなど皮膚に気になる症状、トラブルがありましたら遠慮なくご相談ください。老若男女問わず、患者様の皮膚疾患に合わせてより良い治療が行えるよう心がけてまいりますのでよろしくお願いいたします。

診療担当医師

池上 徹栄

金井 淳子

泌尿器科

泌尿器科というとどのようなイメージをお持ちでしょうか?一般の方は排尿や性病などのイメージが強いと思われます。確かにそのような患者様もたくさんおられますが、それ以外の病気にも関わっております。副腎(重要なホルモン生成)、腎(尿の生成)、尿路(腎盂、尿管、膀胱、尿道)、前立腺(精液生成)、性病、精巣に関する治療(特に外科的治療)を得意としている診療科です。

現在、常勤医がおらず、ご迷惑をおかけしておりますが、今後も地域医療に貢献していきますので、どうかよろしくお願いいたします。

診療担当医師

神原 常仁

別納 弘法

幸 英夫

眼科

当科外来では、毎週火曜日(午前・午後)と水曜(午前)と木曜(午前・午後)と金曜(午前)に非常勤医師3名とともに常時1名の看護師と視機能訓練士が診療を行っております。入院診療としまして主に白内障手術を片眼ずつ1泊2日の入院で行っております。また、増殖糖尿病網膜症、黄斑前膜、黄斑円孔などの網膜硝子体疾患の手術加療も行っております。加齢黄斑変性症、黄斑浮腫に対する硝子体注射治療にも対応しております。それぞれの患者様に最善の治療を心がけております。スタッフ一同、ご来院をお待ちしております。

診療担当医師
髙山良

髙山 良(たかやま まこと)

《専門》

眼科

《所属学会》

日本眼科学会

西田 奈央

新井 郁代

歯科・歯科口腔外科

「口腔は健康の門」と言われておりますが、私たちの診療科では日々、顎顔面領域の多様な疾患に対応しております。自治医科大学歯科口腔外科講座の関連施設としてより専門性の高い医療を提供すべくスタッフ一同努めております。また超高齢化社会を迎え、オーラルフレイルや口腔機能低下症といった言葉がクローズアップされてきました。口腔乾燥症や嚥下機能の低下といった口腔の衰えが誤嚥性肺炎につながります。私たちは皆様の「美味しく食べて健康長寿」を地域の先生方と連携して取り組んでいきたいと思います。

診療担当医師
串田淳子

歯科医長

串田 淳子(くしだ じゅんこ)

《専門》

歯科

《所属学会》

日本摂食嚥下リハビリテーション学会

日本有病者歯科医療学会

太田原広美

歯科口腔外科医長

大田原 宏美(おおたわら ひろみ)

《専門》

歯科口腔外科

《所属学会》

日本口腔外科学会 認定医

阿武泉

歯科口腔外科医長

大谷津 幸生(おおやつ ゆきお)

《専門》

歯科口腔外科

《所属学会》

日本口腔外科学会 専門医

日本化学療法学会 抗菌化学療法認定歯科医師

日本口腔診断学会 認定医

日本障害者歯科学会

日本摂食嚥下リハビリテーション学会

日本口腔腫瘍学会

日本口腔ケア学会

森 良之(自治医科大学歯科口腔外科学講座主任教授)

神部 芳則(自治医科大学歯科口腔外科学講座教授)

野口 忠秀(自治医科大学歯科口腔外科学講座准教授)

岡田 成生

山川 道代

杉浦 康史

渡邉 秀紀

仙名 あかね

杉山 知子

放射線科

病気の診断に対する画像診断の役割は大きいものがあります。病気の診断のみならず、病変の範囲、進行度、外科的な治療範囲の決定に欠くべからざる手段となり、ますます重要度が増しているのではないかと思われます。当院ではMRI 2台(1.5T, 3T)と32列の多列検出器CT が導入されていますがCT に関しては12年余り使用し老朽化が目立ち、周辺の施設に対しても見劣りするようになってきました。さらにメインテナンスにも不安が生じるようになった結果、今秋256列の検出器を有する最新式のCT を導入することが決定されました。今までは、ほぼ不可能であった心臓のCT 検査が可能となり高齢化に対応した虚血性心疾患の診断にも貢献できると思われます。さらに脳動脈瘤の詳細な診断、閉塞性動脈疾患の診断にも今まで以上に有効と考えられます。

一方、放射線診断では昨今マスコミを騒がせているように、見落し、臨床医との連携の不手際が問題視されています。この問題に対しては画像診断のシステムの見直し、医師間のコミュニケーション、風通しの改善にもさらなる努力が必要なことは痛感しています。当院規模の民間病院で常勤の放射線科医のいる病院は少なく、より良い医療施設、地域医療に貢献できるようさらなる努力に邁進して行きたいと思います。

診療担当医師
阿武泉

放射線科部長

阿武 泉(あんの いずみ)

《専門》

放射線診断

《所属学会》

日本医学放射線学会 専門医

日本磁気共鳴医学会

リハビリテーション科

急性期から慢性期に対応する包括的なリハビリテーションを提供するとともに、地域の人々の自立とQOL向上のための支援を行っています。医療保険におけるリハビリ(理学療法・作業療法・言語聴覚療法)、介護保険におけるリハビリ(通所リハビリ)、茨城県指定地域リハリハビリテーション広域支援センターの運営に取り組んでいます

診療担当医師
黒川德一

院長

黒川 德一(くろかわ のりかず)

《専門》

脳神経外科

《所属学会》

日本脳神経外科学会 専門医・指導医

日本リハビリテーション医学会

藤田聡

整形外科部長

藤田 聡(ふじた さとし)

《専門》

整形外科

《所属学会》

日本整形外科学会 専門医

日本脊椎脊髄病学会

高栁 愼八郎

医療技術スタッフ

PT・OT・ST

外来診療について

地域の二次急性期疾患に対応する診療体制を整え、患者様の立場に立った、安全で良質な医療の提供に取り組んでおります。

受付時間

各診療科の受付時間等の詳細は「診療担当医スケジュール」から確認をお願いします。

午前 月・火・木・金 7:30~11:30 診療開始 9:00
水・土 7:30~11:00
歯科・歯科口腔外科 8:30~11:00
午後 皮膚科・眼科 13:00~15:30 診療開始 14:00
内科(予約のみ) 13:00~16:30
眼科・木曜日 13:00~15:00 診療開始 13:30
小児科 14:30~16:30 診療開始 15:00
歯科・歯科口腔外科 13:30~16:00 診療開始 14:00
(水の午後も診療します)

※受付時間外及び休診日に救急診療を希望される方は、お電話でお問い合わせください。

休診日

水・土の午後および日・祭日

早朝の診療受付待ちについて

6:30より、院内へお入り頂けます。詳しくはこちらをご覧ください。

診療についてのお願い

1.適切な医療を受けて頂くため、患者さまご自身の健康状態、症状、既往歴など、必要とされる情報について正確にお伝えください。

2.治療方法、検査などについて十分な説明を受けた上で、それらの選択、決定に関して自らの意思を明ら
かにしてください。

3.すべての患者さまが適切な医療を受けるために、他の患者さまの治療や療養環境に支障を与えないようにお願いします。

4.身体機能の低下、もの忘れ症状が見られると思われる患者さまには、ご家族の同伴によるご来院をお願いする場合がございます。

上記、当院では適切な治療を受けていただくために努めております。

ご理解、ご協力をお願いいたします。

院内マップ