医療法人恒貴会 協和中央病院

メニュー

〈緊急連絡先はこちら〉TEL:0296-57-6131

診療科目・医師紹介

下の各ボタンをクリックすると詳細を見ることができます。

脳神経外科

脳卒中、特に脳梗塞の治療、また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を合併された症例を多く扱っています。外来では、脳卒中の発病や再発予防を主眼とした薬物療法を、入院では、麻痺した手足の機能回復と日常生活能力の向上を目標としたリハビリ訓練を主に行っています。後遺症に苦しまれている患者様にはもちろん、ご家族にも受け入れていただける医療や介護を考え、実践しています。

診療担当医師

中原 昇(理事長)

黒川 徳一(院長)

長 弘之(副院長・脳神経外科部長)

[非常勤]

五味 玲(自治医科大学小児脳神経外科教授)

手塚 正幸

外科

従来の大きな手術創での手術から、より小さな手術創・低侵襲での手術が期待できる内視鏡(腹腔鏡)下手術が、多くの疾患で適応されています。腹腔鏡下手術は、胆石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術だけでなく、早期胃癌や早期大腸癌などにも適しており、様々な外科手術の最新情報や技術を収得し、日々の治療に取り入れています。

診療担当医師

佐藤 直毅(特別顧問)

石川 邦文( 副院長・外科部長)

田中 元樹

[非常勤] 民上 英俊

内科(呼吸器・循環器・内分泌・消化器・神経)

患者様の病状を全体的に捉え、診療の方向性を見い出し、専門的医療を的確に行える体制を整えています。一般内科を基礎におき、循環器(高血圧症・心臓疾患・動脈硬化症など)、呼吸器(肺炎・肺癌・喘息など)、内分泌代謝(糖尿病・甲状腺疾患など)、神経内科(脳血管疾患・パーキンソン病など)の各専門医が、十分な経験と、高度医療システムを駆使して診療にあたっています。

診療担当医師

玉野 雅裕(副院長・内科部長)/(筑波大学附属病院臨床教授)

川越 健一(内科部長)

福島 寛美(内科医長)

阿治部 弘成(内科医長)

礒田 学

草間 恭子

小山 美緒

[非常勤]

阿部田 聡

木村 裕一

新保 昌久(自治医科大学 循環器内科学部門教授)

村田 桃代

横町 淳

北川 善之

武井 祥子

村上 明子

田島 愛美

大場 祐輔

海老澤 茂

曽我部 将哉

整形外科

主に四肢や脊椎の骨、筋、関節、靱帯に関する幅広い領域の疾患、外傷等を扱っています。高齢者の慢性的な腰痛・膝痛や転倒による外傷の診療も多く、大腿骨頚部骨折などでは、手術も積極的に行っています。腰痛などでは、内科的疾患や泌尿器的疾患の場合もあります。原因がはっきりしない痛みがある時は、一度相談してください。MRIなどの検査体制も充実しています。慢性的な腰痛、膝痛では、単に鎮痛剤を投与するだけでなく、腹筋や背筋の強化や減量、コルセットやサポーターの使用、歩行時の杖使用などで、痛みが軽減する場合もあります。リハビリのスタッフや装具士とも協力し、患者様にとって、どの方法が一番良いのかを考えながら、治療を行っています。

診療担当医師

藤田 聡(整形外科部長)

[非常勤]

木村 敦

萩原 浩好

小児科

月曜から土曜までの外来診療で、けいれんや喘息発作などの救急処置を要する病気から、一般的な気管支炎、肺炎、腸炎などの感染症など、幅広い診療を行っています。神経の病気は治療に時間がかかったり、なかなか治らないものも多いですが、共に病気と向き合い、治療に取り組んでいきます。常勤医が不在のため、夜間や休日の対応が難しく、入院の必要な患者様については他の病院へお願いしています。

診療担当医師
[非常勤]

佐藤 雄也

長尾 ゆり

獨協医大(交代制)

自治医大(交代制)

眼科

診療:火曜・水曜(午前)・木曜・金曜

失明原因として1位を占める糖尿病網膜症に対して、早期発見、早期治療を内科とともに行っています。定期検診を忘れず、何らかの目の症状(かすみ・めやに・充血・飛蚊症など)がある場合は放置せず、気軽に受診してください。

診療担当医師
[非常勤]

髙山 良

山下 由佳子

新井 郁代

皮膚科

診療:火曜・金曜

皮膚病の原因は外からのこともありますし、内臓の異常が皮膚に現れることもあります。皮膚は内臓の働きを知る"窓"であると同時に、生活環境の異常をいち早く気づかせてくれる場でもあるのです。症状をきちんと把握することが重要です。限られたところだけの発疹か全身の発疹か、目や口の中、陰部にまで異常がある場合は、より重症ということになります。他の病院にかかっていたことなども含め、ぜひ、皮膚科医に正しい情報を与え、正しい診察と治療ができるようご協力ください。

診療担当医師
[非常勤]

金子 ゆき

金井 淳子

泌尿器科

診療:火曜(午前)・水曜(午前)・木曜(午前)

排尿障害はすぐに生命に関わる疾患ではありませんが、「生活の質」を大きく低下させます。膀胱機能の低下、脳血管障害・神経障害の合併症としての排尿障害、膀胱炎などの感染症、尿路結石、尿路腫瘍、尿失禁、男性不妊症など、いずれも早めに泌尿器科医の診察を受けることが重要です。前立腺癌の早期発見は難しいように思われがちですが、腫瘍マーカー(PSA)の測定、直腸診、直腸からの超音波検査などから早期発見が可能です。

診療担当医師
[非常勤]

神原 常仁

別納 弘法

幸 英夫

麻酔科・ペインクリニック内科(痛みの外来)

診療:水曜(午前)

強い痛みを伴うヘルペス後神経痛、三叉神経痛などの慢性神経痛や頭痛、肩や首の痛み、腰痛、椎間板ヘルニアなど、急性・慢性の痛みで日常生活に支障のある場合は、神経ブロックなどを行うペインクリニックの診療が有効です。神経ブロックは、痛みを伝える知覚神経や交感神経に局所麻酔を注射することで、激しい痛みを鎮めて血行を改善し、痛みの元になる神経や靭帯、関節炎の原因を解決する治療法です。

診療担当医師

樋口 純(統括副院長・診療部長・麻酔科部長)

衣川 朋一

[非常勤]

佐藤 友則

村杉 紀子

歯科・歯科口腔外科

病気の方や障害をお持ちの方も安心して受診していただけます。埋状している親知らずの抜歯や外傷の対応はもちろん、口腔周囲の広範で多様な疾患に対応しています。例えば、舌の異常には貧血や他の疾患が数多く潜んでいます。全口腔癌の約50%を占める舌癌は近年増加しておりますが、早期診断と前癌病変の発見が大切です。現代病ともいえる顎関節症の疼痛、運動障害、雑音などの治療も増えています。

診療担当医師

串田 淳子(歯科医長)

大田原 宏美(歯科口腔外科医長)

[非常勤]

森 良之(自治医科大学歯科口腔外科学講座主任教授)

神部 芳則(自治医科大学歯科口腔外科学講座教授)

野口 忠秀(自治医科大学歯科口腔外科学講座准教授)

大谷津 幸生

岡田 成生

山川 道代

杉浦 康史

渡辺 秀紀

仙名 あかね

リハビリテーション科

急性期から慢性期に対応する包括的なリハビリテーションを提供するとともに、地域の人々の自立とQOL向上のための支援を行っています。医療保険におけるリハビリ(理学療法・作業療法・言語聴覚療法)、介護保険におけるリハビリ(通所リハビリ)、茨城県指定地域リハリハビリテーション広域支援センターの運営に取り組んでいます

診療担当医師

黒川 徳一(院長)

藤田 聡(整形外科部長)

[非常勤]

高栁 愼八郎

医療技術スタッフ PT・OT・ST

東洋医学(漢方)センター外来(漢方専門外来)

診療:火曜(午後)

漢方薬による治療が全てと思われがちですが、東洋医学の治療には「養生食」、「気功(運動療法)」、「鍼・灸」、「漢方薬」の4項目があります。東洋医学は、冷え性、のぼせ、生理痛、食欲低下、倦怠感、めまい、風邪にかかりやすいなど、西洋医学では十分に説明できない病気(自律神経異常、アレルギー、ホルモン異常、免疫低下が関与する病気)も治療可能で、保険も適用されます。現代医学と漢方医学の良い点を組み合わせ、より良い治療効果が生まれます。

診療担当医師
[非常勤]
加藤 士郎(筑波大学付属病院臨床教授)

放射線科

検査を受けられる患者様の苦痛を軽減し、検査時間の短縮はもちろん、丁寧かつ迅速な仕事を行えるよう心がけております。また、1.5テスラMRI、3テスラMRI、32列マルチディテクターCTをはじめ、検査・診断・治療に至るまで、迅速な診断と的確な治療を可能とした最先端機器類を設備しております。

診療担当医師 阿武 泉(放射線科部長)

外来診療について

地域の二次急性期疾患に対応する診療体制を整え、患者様の立場に立った、安全で良質な医療の提供に取り組んでおります。

受付時間

午前 月・火・木・金 7:30~11:30 診療開始 9:00
水・土 7:30~11:00
歯科・歯科口腔外科 8:30~11:00
午後 皮膚科・眼科 13:30~15:30 診療開始 14:00
内科 13:30~16:30
眼科・木曜日 13:00~15:00 診療開始 13:30
小児科 14:30~16:30 診療開始 15:00
歯科・歯科口腔外科 13:30~16:00 診療開始 14:00
(水の午後も診療します)

※受付時間外及び休診日に救急診療を希望される方は、お電話でお問い合わせください。

休診日

水・土の午後および日・祭日

早朝の診療受付待ちについて

6:30より、院内へお入り頂けます。詳しくはこちらをご覧ください。

診療についてのお願い

1.適切な医療を受けて頂くため、患者さまご自身の健康状態、症状、既往歴など、必要とされる情報について正確にお伝えください。

2.治療方法、検査などについて十分な説明を受けた上で、それらの選択、決定に関して自らの意思を明ら
かにしてください。

3.すべての患者さまが適切な医療を受けるために、他の患者さまの治療や療養環境に支障を与えないようにお願いします。

4.身体機能の低下、もの忘れ症状が見られると思われる患者さまには、ご家族の同伴によるご来院をお願いする場合がございます。

上記、当院では適切な治療を受けていただくために努めております。

ご理解、ご協力をお願いいたします。

院内マップ