社会医療法人恒貴会 協和中央病院

メニュー

TEL0296-57-6131

放射線技術科のご紹介

放射線技師は様々な画像診断機器を使い、身体組織の情報を精細な医療画像情報として正確にとらえ、診断治療する医師に提供しています。良い検査を行う為には技師の患者様の立場にたった対応と患者様の協力が必要です。そのために、不安を取り除くような分かりやすい検査説明を行い、納得して検査を受けてもらうよう日々努めています。

スタッフ紹介

阿武先生

放射線診断科部長

阿武 泉(あんの いずみ) 昭和51年卒

久留米大学医学部

専門分野
放射線診断
専門医
日本医学放射線学会専門医

放射線科は放射線科医1名、放射線技師9名、受付事務2名で業務を行っています。

業務内容

放射線科の業務内容には、検診(人間ドック)と画像診断があります。画像診断においては、一般撮影、透視検査、マルチスライスCT検査、MRI検査、DSA血管撮影検査、DXA骨密度検査などがあり、各科の臨床診断を画像診断の立場からサポートし、より確実な確定診断に結びつくよう努力しています。緊急を要する検査は優先的に対応し、撮影された画像は、フィルムでなくサーバー(PACS)にて運用し各モニターで閲覧します。検査結果は当院の医師が読影後、必要に応じて放射線科医師が二重で読影するダブルチェック体制としています。