令和2年度 社会医療法人恒貴会 協和中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 24 26 15 22 74 138 325 582 709 353
令和2年4月1日から令和3年3月31日までに退院した患者数です。
70歳以上の割合が全体の70%を超え、年代別では80歳代が最も多く、全体の約30%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 5 1 3 2 7 45 1 8
大腸癌 17 9 7 - 10 125 1 8
乳癌 - - - - 2 3 1 8
肺癌 - - 1 - 5 5 1 8
肝癌 - - - 1 2 - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
癌に対しては、外科的治療・化学療法・疼痛緩和治療が行われています。
他医療機関で治療終了後の紹介の受け入れもおこなっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 7 15.57 60.28
中等症 30 23.23 83.63
重症 18 29.11 87.94
超重症 5 20.6 84.2
不明 - - -
肺炎で入院された中等症以上の方は高齢の患者さんが多く、入院日数も長い傾向となっております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 18 37.2 77.31 1.66%
その他 21 45.42 75.47 14.28%
発症日によって平均在院日数に開きがある傾向となっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 35 0.62 13.91 0 79.40
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 13 39.69 52.61 15.38% 79.76
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
慢性硬膜下血腫において手術が必要な場合は、大半の手術を来院当日におこない早期回復に務めております。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 41 1.09 1.95 0 71.95
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 15 13.60 19.80 33.33% 76.33
K672 胆嚢摘出術 11 3.90 8.09 0 69.36
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - - - -
主な手術はヘルニア手術となっております。胆嚢疾患の腹腔鏡手術以外でも腹腔鏡下による手術数が増えております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 32 2.59 47.31 6.25% 84.43
K0811 人工骨頭挿入術(股) 28 3.75 53.25 0 81.25
K0732 関節内骨折観血的手術(足) 22 1.90 11.40 0 66.50
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) 15 1.00 1.13 0 57.53
K0731 関節内骨折観血的手術(肘) - - - - -
大腿骨の骨折に対しての手術が大半となっております。対象年齢は、高齢の患者さんのが多い傾向となっております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 48 0 1.06 0 71.91
K279 硝子体切除術 - - - - -
白内障に対する水晶体再建術が主であり、1泊2日の日程で治療を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - 0.04%
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - 0.24%
異なる - -
当院における合併症の発生件数は、いずれも10件未満で、発生率も大変低い値となっております。
更新履歴